シュテファン・ペホ氏に対する在外公館長表彰

2015/10/8
     9月30日,在スロバキア日本大使館は,スロバキアにて長年日本語教育に携わっているシュテファン・ペホ氏に対し,在外公館長表彰を実施しました。本表彰は,昨年9月のアニメ・クルーに対する表彰及び本年5月のバンスカー・ビストリツァ国立オペラに対する表彰に続いて,スロバキアでは3回目の表彰となりました。

     受賞者であるシュテファン・ペホ氏は,1986年にスロバキアで初となる日本語コースをコメニウス大学人学部に設立し,2012年まで同コースが属する東アジア研究所の所長を務めました。同大学の日本学科は,現在なおスロバキアで唯一の高等教育機関における正規の日本学科であり,スロバキアの日本語教育の中心的存在となっています。ペホ氏は,長年にわたり日本学科で教鞭を執り,今日,スロバキアにおける日本語教育や様々な日スロバキア協力において活躍する卒業生を多数育成してきました。2014年には「日本センター」を設立し,センター長を務める他,2015年2月よりスロバキア・日本友好協会名誉会長を務める等,スロバキアにおける日本語教育及び日スロバキア友好関係の発展にとって多大な貢献をしてきました。

     表彰式は,9月30日,大使公邸において,外務・欧州問題省,教育・科学・研究・スポーツ省,スロバキア・日本友好協会,日本語教育関係者等の出席の下,行われました。江川大使より,ペホ氏の活動に敬意と謝意を表明し,同氏に表彰状及び副賞を授与しました。ペホ氏は,本表彰に対する深い謝意を表明すると共に,スロバキアにおける日本語教育の普及に取り組んでいく熱意につき改めて述べました。

江川大使挨拶
表彰状の授与
副賞の授与
ペホ氏挨拶
 
ショウツォヴァー・スロバキア・日本友好協会会長による祝辞