フジコ・ヘミング氏と国立ジリナ交響楽団の共演コンサート開催のお知らせ

本欄に画像を表示

      当館は,以下の要領にて,日本の著名なピアニストであるフジコ・ヘミング氏と国立ジリナ交響楽団の共演コンサートを開催します。ヘミング氏は,近年毎年,スロバキアに来訪され,日スロバキア音楽交流に貢献されています。皆様ぜひお越し下さい。

日時:2016年9月22日(木)19時~
会場:国立ジリナ交響楽団コンサートホール「FATRA House of Art」(Dolný val 47, Žilina)
主催:当館及び国立ジリナ交響楽団の共催
入場料:8ユーロ,10ユーロ,12ユーロ
(チケットの購入については国立ジリナ交響楽団チケットセンター(電話:+421 41 245 1111,メール:vstupenky@skozilina.sk)までお問い合わせ下さい。)

フジコ・ヘミング氏について  
     フジコ・ヘミング氏はスウェーデン人の建築家の父と、日本人ピアニストの母の間にベルリンで生まれる。5歳の時に東京に引っ越し、母のてほどきでピアノを始め、10歳でレオニード・クロイツアーに師事。その後NHK毎日コンクール入賞、文化放送音楽賞など多数受賞。28歳でベルリン高等音楽学校に入学。卒業後ウィーンに引越し、そこでクラシック界の権威であるレナード・バーンスタイン、ブルーノ・マデルナなどにその才能を認められ、支持を獲得。しかし、一流ピアニストの仲間入りを果たすはずのリサイタル直前に激しい高熱に苦しみ、聴力を失うというアクシデントに見舞われた。  
     1999年にデビューCD『奇蹟のカンパネラ』がリリースされ、売り上げが200万枚を超えるという、クラシック界異例の大ヒットを記録した。また、日本ゴールド・ディスク大賞、クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを4回受賞した。国内でのCDデビュー後、多数のソロリサイタルを行った他、モスクワ・フィルハーモニー管弦楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団など、世界各地の著名オーケストラと共演。毎年多くのチャリティ・コンサートを行っており、また大の動物愛護者でもある。2013年、スペイン最大のクラシック・ラジオ番組「カタルーニャ・ラジオ」のリスナーにより、ヘミング氏の最新CDが1位に選ばれた。  
     2014年、ヘミング氏はヨーロッパ9カ国でコンサートを開催。2015年にはプラハラジオシンフォニー、キエフ国立フィルハーモニーと共演。2016年にはロサンゼルス、シカゴ及び南米諸国を含むアメリカツアーを行い、国連においても演奏を行った。  
     近年、ヘミング氏は多くの賞賛を浴びながら演奏活動の幅をスロバキアにも広げている。2013年にはブラチスラバにおいて在スロバキア日本国大使館主催のソロコンサートを行い、2014年にはスロバキア・ラジオ・シンフォニーオーケストラとの共演コンサートに出演した。また2015年には「ニトラ音楽の秋」ミュージックフェスティバルでソロコンサートを行った。