スロバキア公衆衛生局による新型コロナウイルス(COVID-19)関連のプレスリリースについて

2020/2/26
 2月24日,スロバキア公衆衛生局(The Public Health Authority of the Slovak Republic)は,新型コロナウイルス(COVID-19)への対応等に係るプレスリリースを発出しました。概要は以下のとおりです。
 
1 スロバキアでは,新型コロナウイルスの感染者は確認されていない。これまで感染が疑われた55例については,検査の結果全員が陰性であった。
 
2 25日以降,イタリアから首都ブラチスラバ空港に到着する航空機のすべての乗客に対して,健康状態を確認するための質問票を提出するよう求める。
 
3 各地域の公共保健機関に24時間対応の電話及びメール相談窓口を設置している。最近,イタリア北部を訪問した者については,同窓口を利用して新型コロナウイルス専門家から助言を受けるよう勧める。
 
4 航空機内に新型コロナウイルスへの感染が疑われる乗客を確認した場合,到着後直ちに同人を特別な救急車で移送し,病院の感染症病棟で隔離する。
 
5 旅行者に対して,以下の対応を推奨する。
(1)新型コロナウイルスの罹患地域を訪問した後,14日間は自身の健康状態を観察するとともに,くしゃみをする際には使い捨ての紙ナプキンで鼻と口を押さえたり,手洗いを励行するなど感染予防に配慮する。
(2)新型コロナウイルスへの感染が疑われる場合,可能であれば,他人と接触しないよう14日間自宅に待機する。
(3)右地域からの帰国後14日以内に身体的症状が確認された場合,かかりつけの医師に渡航歴を含めて電話相談する。緊急の医療措置が必要と判断されれば,救急医療サービスセンターに連絡する。