スロバキアから日本に帰国される皆様へ(入国時における検査証明書の提出等)

2021/3/25
【ポイント】
●1月9日午前0時以降、スロバキアから日本に帰国される方は、出国前72時間以内に作成された「陰性」を証明する検査証明書の提出が求められます。
●日本入国時に検査証明を提示できない方については、上陸が認められません。
●当該措置は、当分の間継続されます。
 
【本文】
1 スロバキアからの帰国者に対する検疫措置の強化
(1)1月5日、日本政府は、スロバキア国内で新型コロナウイルス変異種の感染が確認されたことを受け、スロバキアを検疫措置強化の対象国に追加指定しました。これにより、1月9日午前0時以降、日本入国前14日以内にスロバキアに滞在していた日本国籍者が帰国する場合、出国前(※)72時間以内に作成された新型コロナウイルスの「陰性」を証明する検査証明書の提出を求められることとなりました。
(※)スロバキアについては、ウィーン等周辺国の国際空港を利用した帰国経路が一般的であるところ、これら空港からの搭乗便の出発時刻が基準となります。
(2)検査証明書については、以下の外務省ホームページをご確認ください。
●有効な「出国前検査証明」フォーマット(外務省ウェブサイト)
  https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page25_001994.html
なお、必ずしも当該ページに掲載されているフォーマットを使用する必要はありませんが、検査機関所定の任意書式を提出する際には必要事項(氏名、旅券番号、国籍、生年月日、性別、検査手法、検査結果、検体摂取日時、検査結果決定年月日、検査証明交付年月日、医療機関名、医療機関所在地、医師の証明、医療機関公印)が全て英語で明記されていなければなりません。
(3)過去14日以内にスロバキアに滞在していた日本国籍者が有効な検査証明書を提出できない場合、検疫法に基づき日本への上陸が認められません。
 
2 検疫措置強化の適用期間
 スロバキアに係る上述検疫措置は、当分の間継続されますので、帰国を検討されている方におかれましては常に最新情報をご確認ください。
●新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について(外務省ウェブサイト)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html
●変異ウイルスに係る水際対策強化について(厚生労働省ウェブサイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
●海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)
 
3 日本国内問い合わせ先
厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176