スロバキア国内における新型コロナウイルス関連情報(6月21日以降の各国・地域別検疫カテゴリー)

2021/6/17
6月16日、スロバキア政府は、各国・地域別検疫カテゴリーに関する政府布告を発出したところ、概要以下のとおりです。
6月21日以降、以下の検疫カテゴリーに従い、スロバキア入国時の検疫措置が適用されます。

政府布告原文
https://rokovania.gov.sk/RVL/Material/26157/1

【ポイント】
●日本は「グリーン国」で変更なし。
●ボスニア・ヘルツェゴビナ、北マケドニアが「レッド国」から「グリーン国」に変更された。
●ポルトガルが「グリーン国」から「ブラック国」に変更された。

【本文】
1 グリーン国(ワクチン接種状況が進んでいる国、感染状況が良好な国)
 アンドラ、豪州、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、クロアチア、キプロス、チェコ、中国、デンマーク、エストニア、フェロー諸島、フィンランド、フランス、ギリシャ、グリーンランド、オランダ、香港、アイルランド、アイスランド、イスラエル、日本、韓国、リヒテンシュタイン、リトアニア、ラトビア、ルクセンブルク、マカオ、ハンガリー、マルタ、モナコ、ドイツ、ノルウェー、ニュージーランド、ポーランド、オーストリア、ルーマニア、サンマリノ、北マケドニア、シンガポール、スロベニア、バチカン、スペイン、スイス、スウェーデン、台湾、イタリア。

2 レッド国(感染状況が深刻な国)
 アルバニア、アルメニア、アゼルバイジャン、ベラルーシ、モンテネグロ、ジョージア、ヨルダン、カナダ、コソボ、キューバ、レバノン、モルドバ、プエルトリコ、ロシア、セルビア、米国、チュニジア、トルコ、ウクライナ。

3 ブラック国(変異株流行国、感染状況等に関するデータが不足している国)
 グリーン国及びレッド国以外の全ての国。