【訂正】スロバキア国内における新型コロナウイルス関連情報(8月30日以降の検疫措置)

2021/8/30
8月29日に当館から発出した領事メール「スロバキア国内における新型コロナウイルス関連情報(8月30日以降の検疫措置修正)」に誤記がございましたので、次のとおり訂正させていただくと共に、改めて全文を送付させていただきます。大変失礼いたしました。

【訂正箇所】
8月29日付メールの本文6に含まれていた「9月1日までの間は」を削除。その他同文。これにより、7月16日付布告との差異は
●下記1(3)(従来「9月1日までは」とされていたが「1か月間は」に変更)
●下記6(「9月1日までの間は」との文言を削除)
の2点となっています。

公衆衛生局布告原文
https://www.minv.sk/swift_data/source/verejna_sprava/vestnik_vlady_sr_rok_2021/vyhlaska_244.pdf

【以下、訂正後本文】
1 7月19日以降、スロバキアに入国する12歳以上の者は、入国前に所定の政府ウェブサイト(http://korona.gov.sk/ehranica)への登録が義務づけられる。ただし、以下の場合は、同サイトに入国ごとに毎回登録する必要はない。
(1)所定要件ア~ウ(※)のいずれかを満たす者は、同サイトへの登録後、6か月間は再登録する必要が無い。
(2)12歳以上18歳未満の者は、同サイトへの登録後、8月9日までは再登録する必要が無い。
(3)下記6に該当する者は、同サイトへの登録後、1ヶ月間は再登録する必要が無い。
(4)下記7に該当する者は、同サイトへの登録後、1か月間は再登録する必要が無い。
(5)トラック運転手、トランジット目的でスロバキアに入国する者等は、同サイトに登録する必要が無い。

2 7月19日以降、空路でスロバキアに入国する者は、併せて所定の交通・建設省ウェブサイト(https://www.mindop.sk/covid/forms/edit/bac6d2a7a9eaecf022236a0e741185a0a1e2)への登録も義務づけられる。

3 7月19日午前6時以降、スロバキアに入国する全ての者は、以下のいずれかの検疫措置が義務づけられる。同居する者も同様に、同期間の自主隔離が義務づけられる。ただし、所定要件ア~ウ(※)のいずれかを満たす者は、これらの検疫措置が免除される。
(1)(PCR検査を受けずに)入国後に14日間の自主隔離。
(2)入国後5日経過してからPCR検査を実施。陰性結果が出るまで自主隔離。
(3)12歳未満の子供は、(PCR検査を受けずに)同居する者の陰性結果が出るまで自主隔離。
 所定要件ア~ウ(※)に該当しない者でも、7月9日までに1回目のワクチン接種を受け、8月2日午前6時までにスロバキアに入国する者は、入国初日以降にPCR検査を受けて陰性の場合、自主隔離を終了できる。(注:公衆衛生局HPによれば、このケースに該当する者に対しては、国がPCR検査の費用を負担する。)
 12歳以上18歳未満の者は、8月9日までの間は、同居人が所定要件ア~ウ(※)のいずれかを満たす場合、上記(1)~(3)の検疫措置が免除される。

4 7月19日午前6時以降、以下に掲載する国・地域以外からスロバキアに空路で入国する者は、スロバキア入国前72時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書を入国時に提示できるよう事前に準備する必要がある。(注:ウィーン空港等から陸路でスロバキアに入国する者は、陰性証明書を事前に用意する必要はない。)
 アルバニア、アンドラ、アルメニア、豪州、アゼルバイジャン、ベラルーシ、ベルギー、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ブルガリア、モンテネグロ、中国、チェコ、クロアチア、キプロス、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ギリシャ、ジョージア、オランダ、香港、アイルランド、アイスランド、イスラエル、日本、ヨルダン、カナダ、韓国、コソボ、キューバ、レバノン、リヒテンシュタイン、リトアニア、ラトビア、ルクセンブルク、マカオ、ハンガリー、マルタ、モルドバ、モナコ、ドイツ、ノルウェー、ニュージーランド、ポーランド、ポルトガル、オーストリア、ルーマニア、サンマリノ、北マケドニア、シンガポール、スロベニア、スペイン、米国、メキシコ、セルビア、スイス、バチカン、スウェーデン
、台湾、イタリア、トルコ、ウクライナ。

5 トラック運転手、公共交通機関職員、スロバキアにトランジット目的で入国する者(ただし条件つき)、外交旅券又は公用旅券所持者等は、上記3の措置の対象外。

6 直近14日間で、EU諸国、ウクライナ、アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン又はスイスのみに滞在していた者がスロバキアに入国する場合、以下の者は上記3の措置の対象外。ただし、12歳以上の者で、所定要件ア~ウ(※)のいずれかを満たさない者は、7日以内に発行されたPCR検査の陰性証明書を入国時に提示できるよう事前に準備する必要がある。
(1)スロバキアにおいて恒常的な住所又は現住所を有し、EU諸国、ウクライナ、アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン又はスイスにおける労働許可書を有する者。
(2)EU諸国、ウクライナ(ただし開放中の国境ポイントから100km以内の地域)、アイスランド、ノルウェー、リヒテンシュタイン又はスイスにおいて恒常的な住所又は現住所を有し、スロバキアにおける労働許可書を有する者。
(3)開放中の国境ポイントから100km以内のスロバキアの隣接国において恒常的な住所又は現住所を有するスロバキア市民。

7 国境地帯に居住する住民、越境通学者等のうち、以下の者は上記3の措置の対象外。ただし、12歳以上の者で、所定要件ア~ウ(※)のいずれかを満たさない者は、7日以内に発行されたPCR検査又は抗原検査の陰性証明書を入国時に提示できるよう事前に準備する必要がある。
(1)恒久的な住所又は現住所をスロバキアに有し、チェコ、ポーランド、ハンガリー、ウクライナ又はオーストリア国内の教育機関(幼稚園、小中学校、高校、大学含む)を受検する者又は通学する者(同行者1名を含む)。ただし、スロバキア入国時に当該事実を証明する書類(例:在学証明書、入学試験若しくは卒業試験の通知案内又は入学証明書)を提示する必要あり。
(2)恒久的な住所又は現住所をチェコ、ポーランド、ハンガリー、ウクライナ又はオーストリアに有し、スロバキア国内の教育機関(幼稚園、小中学校、高校、大学含む)を受検する者又は通学する者(同行者1名を含む)。ただし、スロバキア入国時に当該事実を証明する書類(例:在学証明書、入学試験若しくは卒業試験の通知案内又は入学証明書)を提示する必要あり。
(3)恒久的な住所又は現住所をスロバキアに有する小中学校、高校又は大学に所属する学生であって、チェコ、ポーランド、ハンガリー又はオーストリア国内のスポーツクラブの会員としてトレーニングに参加している者(同行者1名を含む)。ただし、スロバキア入国時に当該事実を証明する書類(例:スポーツクラブ会員証明書)を提示する必要あり。

8 近親者の葬式に出席するために短期間スロバキアに出入国する者(同行者1名を含む)は、上記3の措置の対象外(同出席を証明する書類が必要)。ただし、12歳以上の者で、所定要件ア~ウ(※)のいずれかを満たさない者は、スロバキア入国前72時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書を入国時に提示できるよう事前に準備する必要がある。

9 健康上の理由でワクチン接種を受けることができない者は、上記3の措置の対象外(医師による証明書が必要)。

【所定要件(※)】
ア 2回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を受けてから14日間以上が経過し、かつ12か月以上経過していない者。
イ 1回接種型(注:ジョンソン&ジョンソン製)の新型コロナウイルスのワクチン接種を受けてから21日間以上が経過し、かつ12か月以上経過していない者。
ウ 新型コロナウイルス感染症が治癒してから180日以内に1回目の新型コロナウイルスのワクチン接種を受けた者。ただし、ワクチン接種から14日以上経過し、かつ12か月以上経過していない者に限る。
 ワクチン接種に関する証明書は、EUデジタルCOVID証明書の他、他国が発行したワクチン接種証明書も有効である。ただし、スロバキア語、チェコ語又は英語で書かれていることが条件。