【大使活動報告】2021年7月23日 中川大使のスロバキア・パラリンピック委員会代表者らとの昼食会

2021/7/23

   7月23日、東京パラリンピックの開会を前に、スロバキア・パラリンピック委員会幹部から東京大会に向けた準備状況について説明を受けるとともに、大会ホスト国を代表して、皆さんを大使館公邸での昼食会にお招きしました。
   昼食会には、スロバキア・パラリンピック委員会ヤーン・リアポシュ会長のほか、スロバキアで最も活躍するパラ射撃選手のヴェロニカ・ヴァドヴィチョヴァー選手にも出席していただきました。リアポシュ会長は、これまで6回のパラリンピック大会にパラ卓球の選手として出場し、金メダルを4つ、銀メダルを1つ獲得したという輝かしい経歴をお持ちで、さらに、東京大会では5個目の金メダルを目指しているという、文字通り、スロバキアのパラスポーツの発展を牽引されてきた強力なリーダーです。また、ヴァドヴィチョヴァー選手もこれまでに金メダルを3つ、銀メダルを1つ、銅メダルを1つ獲得されており、世界的に有名なパラ射撃選手です。
   スロバキア・パラリンピック委員会では、8月23日の東京大会開会後は、毎日、東京のスタジオからオンラインで番組を配信し、27人のスロバキア選手の活躍ぶりの報告や日本の紹介をしていくことのことです。