スロバキアから日本に帰国される皆様へ(日本入国後の検疫所長による指定場所での待機)

2021/3/4
【ポイント】
●3月5日午前0時以降、スロバキアから日本に帰国される方は、検疫所長の指定する場所での待機及び所定期間経過後の検査受検が求められます。
●当該検疫措置は、更なる決定により水際措置が緩和されるまで継続されます。


1 スロバキアからの帰国者に対する検疫措置の強化
 3月2日、日本政府は、スロバキア等13か国・地域を新たに「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に指定しました。これにより3月5日午前0時以降、日本入国前14日以内にスロバキアに滞在していた日本国籍者が帰国する場合、以下の検疫措置が追加されます。
(1)検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設に限る)での待機及び入国後3日目の検査受検。入国時に検査証明を提出できない者については、さらに入国後6日目の検査受検。
(2)その上で陰性と判定された方については、検疫所が確保する宿泊施設を退所し、入国後14日間の残りの期間を自宅等で待機。
(3)入国後14日間は、待機場所への移動時を含め公共交通機関(国内航空便、電車、バス、タクシーなど)を使用しないよう要請。

2 検疫措置強化の適用期間
 スロバキアに係る上述検疫措置は、更なる決定により水際措置が緩和されるまで継続されます。帰国を検討されている方におかれましては、常に最新情報をご確認ください。

●新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について(外務省ウェブサイト)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html
●変異ウイルスに係る水際対策強化について(厚生労働省ウェブサイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
●海外安全ホームページ
 https://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版・スマートフォン版)
 http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbtop.html (モバイル版)

3 日本国内問い合わせ先
厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から  :+81-3-3595-2176